一般社団法人の定款の絶対的記載事項

さくら行政書士事務所

このページでは、一般社団法人における、定款の絶対的記載事項についてご説明しています。

一般社団法人とは

一般社団法人は、剰余金の分配を目的としない社団について、その行う事業の公益性の有無にかかわらず、誰でも簡単に法人格を取得することができることとするものです。

一般社団法人について定めた「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」が、2008年12月1日に施行されています。

一般社団法人における、定款の絶対的記載事項について

一般社団法人の定款においては、以下の事項について、必ずを記載(電磁的記録による場合を含みます)しなければならないこととされています。

  1. 一般社団法人の目的
  2. 一般社団法人の名称
  3. 主たる事務所の所在地
  4. 設立時の社員の氏名または名称、および、住所
  5. 社員の資格の得喪に関する規定
  6. 公告方法
  7. 事業年度
  8. 監事、理事会、会計監査人を置く場合には、その旨の定め
このサイトのトップページに戻ります。
お電話によるお問い合わせはこちら
改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などの、墓地法規の関連業務について

改葬、墓じまい、お墓の移転の代理、代行の費用の見積もりの受け付けページ

改葬、墓じまい、無縁墳墓改葬などの墓地法規の関連業務のお問い合わせの受け付けページ

有価証券届出書を提示していない社債の勧誘、販売

コラム

法律による規制と、当事者の同意

事務所サイトの開設日:2006年9月3日
このページの公開日:2015年5月1日
このページの最終更新日:2019年2月27日

専門の国家資格者である行政書士による

改葬(墓じまい、お墓の移転、お墓の引っ越し、お墓の整理)
散骨、樹木葬、永代供養、永代納骨、合葬
無縁墳墓改葬、無縁墓の整理
などの代理、代行、カウンセリング

道路使用許可申請、道路占用許可申請、足場設置許可申請
通行禁止道路通行許可申請、パーキング・メーター休止許可申請、自費工事承認手続き
などの代理、代行

(c) 2006 さくら行政書士事務所